電報でお悔やみを伝えることの重要性

葬儀の欠席というのはあとあと遺恨を残す可能性があります。聞いた話では、駆け落ち当然に結婚をした夫婦が、実家の不幸にスケジュールの関係で顔を出さなかった事により関係修復が不可能になったという話を聞いたことがあります。もしもお悔やみの言葉だけでも伝える事が出来たのならば、これほどこじれる事はなかったでしょう。むしろそれを切っ掛けに関係修復の糸口になったかもしれません。電報を送っていれば簡単に意思は伝えられたというのに残念でなりません。

電報はお悔やみの言葉を伝えるのに非常に役に立つサービスだと思います。悲しみにくれている家族の人の傷をえぐるような事を電話では無意識に言ってしまうこともありますし、メールなどでは日常的に使いすぎているツールだけあって本当に心配しているかの誠意に欠ける部分があります。電報の場合では落ち着いた時にでも読めるという心の余裕が出てきます。相手の立場に立った気遣いと言う意味でも、お悔やみの言葉は電報で行なうべきだと思います。

電報のひとつで関係が保たれるなら安い苦労だと思います。親戚の関係はこじれさせないようにしたいです。帰るべき場所が無くなってからでは何もかもが遅いのです。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*